浄土宗のお葬式マナー

浄土宗は、阿弥陀如来に救いを求める宗派として知られる

法然上人によって開かれた宗派として知られる、浄土宗。
浄土真宗と名前は似ている物の、全く似て非なる物ですので、葬儀に参列をされる際などは、基本的なマナーの違いに注意が必要です。

浄土宗は、南無宇阿弥陀仏と念仏を唱え、極楽浄土への旅路を祈る宗派として知られており、この点に関しては、浄土真宗とも変わりありません。
総本山は京都の知恩院、大本山を東京の増上寺として、日々、多くの宗教者が訪れる事で知られています。
こちらの宗派でお葬式をあげるという方も少なくありませんので、参列の際のマナーに気をつけましょう。

増上寺には、代々の徳川将軍の墓所がある事で知られています。
秀忠、家宣、家継、家重、家慶、家重ら、6人の将軍が眠る場所として、宗教者では亡い方が訪れることも多いようです。

浄土宗のお葬式では、阿弥陀仏とのご縁を結ぶ

浄土宗では、ご僧侶が棺の前に進んで焼香を行った後、たいまつに見立てた法具2本のうち、1本を捨てるという変った形式で式が行われていきます。
これは、故人が穢れた現世を離れることを意味するものですが、その後もう一本のたいまつで円を描いたら、文面を読み上げ、こちらのたいまつも捨てられるのです。
他の宗派にはない少し変った作法ですので、葬儀の最中に驚いてしまうかもしれませんが、浄土宗ではこのようなやり方で式が行われることを、頭に入れて置いてください。

また、浄土宗の場合は、故人や信者はもちろん、参列者と阿弥陀仏とのご縁を結ぼうとするため、一同で念仏を唱える機会があります。
葬儀の最中、ご僧侶と参列者一同で念仏を唱え、一心に、極楽浄土への往生を願い、故人の安らかな旅路を祈ります。

お焼香の回数は特に決められていませんので、前の方に合わせるか、自分がやりやすいようにお焼香を行っていきましょう。

お線香は一本立てる?

浄土宗のお線香は、一本立てることが主流となっています。
お線香を寝かせておく、寝線香を行う方もいますが、こちらも間違いではありません。

お線香の回数や立て方などは、その時の僧侶の考え方によっても異なります。
気になるようでしたら素直にお伺いしても、問題無いでしょう。

このように、浄土宗のお葬式では、一見変ったような作法があることはもちろん、意外と自由度が高い作法もありますので、参列の際にさほど負担はかからないでしょう。
念仏を唱えるのは参列者全員という点が特徴ではありますが、わからないという場合でも慌てることはありません。
事前にネットなどでも唱える言葉を見つけることが出来ますので、必要に応じて予習をしておき、何となく言えるようにしておきましょう。