日蓮宗のお葬式マナー

日蓮宗の葬儀では、何妙法蓮華経の題目を唱える

葬儀の宗派には本当に色々な物がありますが、その中の1つが日蓮宗です。
日蓮宗のお葬式には様々な形がありますが、特に特徴的と言えるのが、お題目を称えるという点です。
日蓮宗のお題目は、何妙法蓮華経と言う言葉で、“なんみょうほうれんんげきょう”と読みます。
日蓮宗の開祖、日蓮聖人によって考えられたお題目で、法華経全ての功徳が詰められている言葉として、信仰心を高め、故人を送ることが出来るとして広く扱われているのです。

葬儀の場においてもこちらの何妙法蓮華経の題目は頻繁に称えられ、葬儀によっては、参列者にも求められることがありますので、確認をしておくとよいでしょう。

日蓮宗の焼香は一回押し頂く

日蓮宗の葬儀に参列をする場合、お焼香は、導師によって3回、ご親族や一般参列者は一回、押し頂きます。
お焼香を右手の人差し指と親指でつまんだら、額の高さまで持ち上げて、香炉に入れていきましょう。
信者の場合でも押し頂くのは一回で大丈夫ですので、一度額の高さまで持ち上げて、しっかりと念を込めたら、香炉にくべてください。

日蓮宗で使われる数珠の形状は特殊?

日蓮宗で利用される数珠は、一般的な数珠と少し形状が異なり、菊房が二本が1つ、三本が1つ付いた状態になります。
合計5本の房が付いている状態の数珠ですが、通常の数珠と違い、非常に特徴的な形をしていますので、なかなか手に入れられないと言う方も多いでしょう。

葬儀の際に絶対に持参をしないといけないということはもちろんありませんので、無理をして用意をせずとも問題ありません。
数珠を選ぶ際には、黒壇や紫壇など、比較的上手な、シックなタイプが選ばれる事が多いでしょう。
元々祈祷の際に、木剣と数珠を組み合わせた物を打ち鳴らしていたことからこちらが始まったとされていたことから、こちらが選ばれる事が多いと言われています。

既に数珠を持っているという場合は、無理をして購入する必要は無く、その数珠を使って参列されても大丈夫ですので、安心してください。

全員で取り組むことも多い葬儀です

日蓮宗は、参列者全員で故人を見送る為、参列者に求められることも自然と増えていることが特徴です。
立ったり座ったり、合唱をするなど、参列者が一丸となって故人をお見送りしていきますので、気を抜かずに、参列するようにしましょう。

とはいえ、日蓮宗の葬儀に参列をしていない方は、何をすれば良いのか分からないという場合もあると思います。
その場合は、お隣の人や、周囲の人に合わせて行えば、問題ありません。
全員で一緒に色々と行う機会が多いですので、真似をして参列するように心がけてみて下さい。