真言宗のお葬式マナー

根本に大日如来を置く密教 真言宗

真言宗は、大日如来を根本に置く密教として、宗派の1つとして知られています。
身、口、意の3つの働きで即身成仏出来るという教えがなされており、この世の罪を故人から取り除き、弥勒菩薩の浄土に故人の魂を導く目的として、葬儀が行われるのです。

真言宗には、高野山真言宗、真言宗豊山派など、地域や場所によって様々な宗派があり、同じ真言宗でも、少しずつ考え方や作法が異なります。
宗派に合わせた葬儀形式などが執り行われますので、同じ真言宗の方、以前真言宗の葬儀に参列されたことがあるという方も、参列マナーに注意をしましょう。

真言宗で最も特徴的な物が、光明真言と呼ばれる、僧侶によって称えられる言葉です。
こちらは、「オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ マニ ハンドマジンバラ ウン」と読まれ、大日如来を称える、光明をお願いする目的で称えられます。
葬儀の最後に僧侶が称え、故人の魂が安らかに極楽浄土に導かれるように、お祈りがなされていくのです。

真言宗の焼香は額に押し頂き3回

真言宗の葬儀に参列をする際には、額に押し頂き、3回行うようにしましょう。
三回とも、額に押し頂き行う場合もあれば、最初に一回のみ押し頂いて、残り二回はそのまま香炉にくべる場合もあります。
また、参列者が多い場合や、僧侶の考え方によっては、お焼香の回数が異なる場合、別途アナウンスがある場合もありますので、よく聞いておくことが大切です。

ですが基本的に、真言宗は3回という数字に強い意味があると言われており、三回行うことで、仏法僧に帰依する事ができると考えられています。
出来るだけ丁寧に三回とも念を込めて押し頂き、丁寧に香炉にくべるようにすることで、失礼無く故人を見送ることが出来るでしょう。

真言宗の位牌はサンスクリットで作られます

真言宗における位牌では、一番上にサンスクリットが書かれています。
サンスクリットで阿と言う文字が書かれており、この阿の字に、強い意味がある事で知られているでしょう。

サンスクリットとは梵字のことを指し、真言宗において強い意味合いを持っています。
大日如来と生命を表す文字として知られ、阿に還る事ができる、還ることを目的として、必ず書かれる文字と言えるでしょう。

真言宗はあくまで密教となりますので、葬儀社によっては、必要となる法具が取り揃えられていないケースもあります。
その為、故人が真言宗派の場合は、事前に葬儀社に問い合わせを行い、真言宗派である事を伝え、葬儀の形式をお願いできるか確認をする必要があるでしょう。

参列者が気をつけるべき特徴的なマナーはさほどありませんが、お焼香の数は、注意をしてアナウンスを聞いて置いてください。