浄土真宗(お西)のお葬式マナー

浄土宗と間違われやすい 浄土真宗

浄土宗と間違われやすく、事前にきちんとマナーを確認しておくべき宗派が、浄土真宗です。
お互い本尊を阿弥陀如来、南無阿弥陀仏としていますが、葬儀の流れなどは似て非なる所が多いため、注意をしましょう。

浄土真宗では、故人本人がなくなる直前に、臨終勤行と呼ばれるお勤めをするべきと考えられています。
人生の終わりに阿弥陀如来に対してお礼を行う勤行ですが、現実問題、亡くなる直前の本人が勤行を行うのは難しいため、臨終を迎えた後に、住職とご遺族が、本人に変っておつとめを行うという形式を取っています。

故人をお仏壇を北枕側に安置し、通夜に臨みます。
部屋の造りなどの関係で北枕に出来ない場合はこの限りではありませんが、適当に安置するのではなく、一度ご住職に相談をして、対策をアドバイスしてもらうとよいでしょう。

浄土真宗の通夜の流れ

浄土真宗において通夜は、ご遺族や友人知人などが集い、故人と寄り添って最後の夜を過ごします。
生前の故人との思い出話、ご住職による阿弥陀如来の教えに耳を傾けて、お勤めに励んでいくのです。

通夜の際には、友人知人を始め、生前の故人との関係者、参拝者が多く訪れる事ができます。
近親者ではなくとも、共にお勤めをする事ができますので、通夜の段階で訪れるという方も少なく無いでしょう。

一つまみ一回のお焼香

浄土真宗の場合は、お焼香を行う際に、一つまみ一回のお焼香を行っていきます。
押し頂くことなくそのまま香炉に焼香をしますので、間違えないように行いましょう。

焼香焚くの前に到着したら、一礼をし、焼香の入った器の蓋を取って、右側の縁に掛けて下さい。
右手で一度つまみ、そのまま香炉にお焼香をしたら、蓋をもとに戻して、焼香卓から離れて、一礼をし、退きましょう。

蓋が外れている、蓋がないという場合は、そのまま蓋に触ることなく、お焼香のみを行ってください。
阿弥陀如来の浄土はお香で満たされており、その世界を再現するために、このお香は焚かれています。
よい香りを故人にお供えすることと同時に、自身の気持ちをリラックスさせてお見舞いをしてもらうという、ご配慮になるでしょう。

浄土真宗は比較的馴染みが深い

浄土真宗の葬儀は、比較的馴染みが深いタイプのお葬式タイプとして知られています。
その為、葬儀に参列されなれていない方でも、そこまで負担が掛かることが少ないでしょう。

参列の際には、念珠を持つことが正式なマナーとされていますが、あくまで門信人における正式な服装ですので、無理して用意をする事はありません。
もちろん、出来るだけ余裕のある方や、浄土真宗の門信人の場合は、用意するように心がけましょう。