創価学会のお葬式(友人葬)マナー

創価学会の友人葬

創価学会において執り行われている葬儀の形が、友人葬です。
友人葬は、僧侶などの宗教人を呼ばずに、故人と親しい友人知人、ご遺族親族のみで執り行うタイプの葬儀として、創価学会員以外からも行われている形式になります。
まだ耳馴染みがないという方も多いかと思いますが、その式のフランクさや、故人との時間を大切にした葬儀の形が人気で、行う方が増えていると言えるでしょう。

友人葬の場合は、宗教者を呼ぶこと無く、近隣の方、ご身内のみで式が執り行われます。
宗教者を呼ぶことなく故人を見送ることが出来ますので、お布施代などを支払う事無く、費用も抑えて行えるでしょう。

1991年から始まった葬儀の形として、戒名などもなく執り行うことが出来る式スタイル、香典を持参せずに参列するスタイルなど、通常の式と異なる点が多々あります。
参列をする際には、事前に色々と確認をしておくべきでしょう。

数珠を使用しないタイプの葬儀です

友人層では、故人の友人代表によって式が執り行われ、導師の代わりに式を進行していきます。
日蓮大聖人の教えを重んじている葬儀で、一見日蓮宗と変らない葬儀と思われていますが、数珠を使用しない、参列者全員でお題目を称えるなど、いくつか違う点があるでしょう。
数珠を持っている場合でも、持参をする必要はありませんので、持参をしないように注意が必要です。

また、基本的に名目だけの香典は必要ありません。
宗教者が居ないこともあり、その分故人をしっかりと見送って欲しいという気持ちがあることから、香典を持参しないという参列者も多いでしょう。
お気持ちを伝えたいという場合は、一応持参をして、別途相談の上お渡しするという形になりますが、無理をしてお渡しするのは禁物になります。
返ってご家族にご負担を掛けてしまいますので、周囲の様子を見て、香典をお渡しするか決めましょう。

お題目、式場に注意

友人葬の場合は、参列者全員でお題目を称える機会が多く、事前に勉強をされることをおすすめします。
参列の際には、創価学会員以外の方ももちろん問題ありませんが、こうした式の流れがありますので、参列の際には、宗派でなくても勉強されてから向かわれる方が少なくありません。

また、友人葬で式を行う場合。
ご家庭によっては、ご自宅で行われる場合もあれば、式場で行われる場合もあるでしょう。
式場で友人葬を準備したいというご遺族の場合、友人葬を執り行っていない式場もありますので、事前に確認しておきましょう。

更に、友人葬の場合は、納骨墓地に関して幾つかの決まりがある場合もありますので、事前に学会に確認を行い、葬儀の準備をする事が大切です。
友人代表には後日、何らかの形でお礼をするようにしましょう。