キリスト教式の葬儀について

異なる部分が多い

キリスト教式の葬儀は、仏式・神式と異なる部分が多数あります。
マナーとして失礼のないような対応を取ることが大切です。

キリスト教式の葬儀では、聖歌を歌う場面があります。
キリスト教の中でも聖歌は特別な存在です。
また、讃美歌の斉唱というのもあるため、それぞれ周りに合わせて歌うようにしましょう。

また、聖書の一部を唱える場面もあります。
これまで全く聖書に触れた事がない人の場合、少し戸惑ってしまうかもしれません。
しかし、キリスト教信者でなくても、あらかじめ歌詞がかかれた紙が配られるため安心です。

キリスト教は神式の御葬式同様に、人が亡くなったことに対しネガティブな捉え方をしません。
これは、あくまで死は永遠の命が始まる事、として見ているためです。
そのため、ご冥福などのお悔やみを述べることがないのも特徴として挙げられます。

前夜式と通夜の祈り

キリスト教における通夜は、宗派によって呼び名が違うものです。
プロレスタントにおける通夜は前夜式として行われます。
主に斎場や教会で行われるほか、自宅で行うケースも少なくありません。
また、カトリックでは通夜の祈りという呼び名となっているのが特徴です。

どちらの式でも聖歌斉唱からはじまり、聖書の朗読などキリスト教ならではの儀式が行われます。
焼香については、仏式と同じ形で行われるのがポイントです。
その後、献花や祈祷などを行ったあと、茶話会を交えて亡くなった人を偲ぶ流れとなります。

このとき注意しなければいけないのが、茶話会や会食などでの食事です。
キリスト教の通夜ではお酒はNGとなるため、くれぐれもお店などで飲んでこないように気をつけましょう。

葬儀ミサ

キリスト教における御葬式は、葬儀ミサという形で執り行われます。
前夜式・通夜の祈り同様に、教会や斎場、自宅といった場所で行われるのが一般的です。
ミサに関しても、それぞれの宗派によって内容が異なるため、あらかじめ受付などで確認しておきましょう。

プロテスタントにおける葬儀ミサは、神にお祈りを行うのが基本です。
遺族や参列者は牧師と共に、聖書の朗読や讃美歌の斉唱などを行います。

またカトリックにおける葬儀ミサは、亡くなった人が永遠の命を持てるよう、神に祈りをささげます。
言葉の典礼、感謝の典礼などを通じ、神に許しを得る、というのが一般的な流れです。

キリスト教式葬儀ならではの献花

献花はキリスト教式葬儀ならではの手順があります。
>>お葬式マナー事典

まず、祭壇に進んだあと、両手で献花を受け取ります。
このとき、献花が右手に向くように気をつけましょう。

次に、遺影に一礼をしたあと、献花を右回りに回し、根元を祭壇側に向けます。
その際、右手を添えながら左手の甲は下向きにするのがポイントです。
最後に遺族や牧師に一礼をして終了します。
どのようにすれば分からない時には、参列者の様子を真似てみるのもよいでしょう。