仏式の葬儀について

焼香や数珠について

お焼香は立礼・座礼・回し、の3種類があります。
それぞれ宗派によって異なるため、初めて葬儀に参列する方は戸惑うことでしょう。
そのため、無宗教の方は、周りの人とあわせる形で行ってみるのがよいといえます。
また、それぞれ式場の形式が、椅子タイプなのか畳タイプなのかによって違うため、あらかじめ受付などで聞いておくとよいでしょう。

立礼は文字の通り、立った状態で行いますが、宗教によって香を香炉にくべる回数が違うのが特徴です。
流れとしては、祭壇で僧侶・遺族・遺影に一礼をするところから始まります。
香は必ず右手の3本指でつまみ、目の高さまで持ち上げるのですが、このしぐさを「おしいただく」といいます。

座礼は座布団に座りながら、膝行という動きの中で行うのが一般的です。
立礼とは異なり、正座のまま焼香を行うのが特徴となっています。

回し焼香はあまりメジャーではないものの、自宅葬で行う事が多いとされています。
具体的に、お盆に香炉を乗せ、参列者で回すものです。
遺影に一礼したあと焼香を行い、次の人へと渡しますが、このとき、必ず両手で行うように心がけましょう。

お通夜

仏式の御通夜は、一般的に日が暮れてから行います。
時間も2時間弱で終わるため、別名「半通夜」とも呼ばれるのが特徴です。
昼間お勤めに出ている人に負担がかからないよう配慮されているといえるでしょう。

お通夜に出席したら、まず入り口の受付に向かいます。
その後、既に出席している方々に一礼をしたあとに祭壇のある部屋へと向かう流れです。
出席者が多い場合、あらかじめ席次が決まっている場合があるので注意しましょう。
特に決まっていないようであれば、順番に着席します。

お通夜の流れは、まず僧侶がお経を読み、その後、遺族・親族・他の参列者という順にお焼香を行う流れとなります。
このとき、待っている間にもうっかり寝てしまわぬよう気をつけましょう。

葬儀

葬儀はお通夜同様、遺族・親族・他の参列者が出席します。
葬儀場は亡くなった人との最後のお別れを行う場です。
以前まではお通夜と葬儀、それぞれ別の日程で行われていましたが、最近ではどちらも通して行うのが一般的です。

仏式葬儀では、僧侶がお経を読んだあと、弔辞や弔電などが読まれます。
その後、遺族・親族・他の参列者の順に焼香が行われる流れです。

告別式と出棺

告別式では、葬儀と同様に僧侶がお経を読むところから始まります。
その後、出席者全員が順番に焼香を行う流れとなります。

出棺時は喪主が全員に挨拶を行ったあと。全員で見送ります。
天国へ見送るよう、合掌しながら故人を偲びましょう。