一般葬について

宗教を問わない

一般葬とはその名の通り、宗教問わず一般的に行われる葬儀です。
御葬式、といった場合、ほとんどがこのタイプを示すといわれています。
実際に参列する際には、一般葬でのマナーを見につけておくとよいでしょう。

一般葬では、遺族や親族のほかに、故人と親しかった人が参列します。
どの人も隔たりなく、最後の挨拶をする場所として設けられているのが特徴です。
その反面、服装などがしっかりしていないと、葬儀場で浮く存在となるため注意しましょう。

ほとんどの葬議場では一般葬の受付を行っています。
そのため、急に身内が亡くなったときであっても、すぐに問い合わせや相談が行えるのもポイントの一つです。
病院でも一般葬を行える葬儀場をいくつか紹介してもらえるため、急な訃報でも慌てる心配がありません。

一般葬の費用

一般葬の費用は地域や宗教などによって異なります。
一般的なものとして、50名程度の参列で行われる場合、平均相場は約35万円程度だといわれています。
しかし、参列する人数が少なければ、30万円以下になる場合もあるため、予算と相談しながら決めるとよいでしょう。

葬儀を行う前の遺体安置を行う日数でも値段が違います。
曜日周りなどにより、葬儀の日程を数日後にずらしたい場合には、それだけの費用が必要となるため注意が必要です。
遠方から参列する人がいる場合には、予算や日数にも余裕を持つよう心がけましょう。

また葬儀場だけではなく、火葬場によっても値段が異なります。
火葬費用だけではなく、簡単な食事代などもかかるため注意が必要です。
そのため、あらかじめ葬儀場の方と費用の相談をしっかりと決めておくとよいでしょう。

どんな人に向いているのか

一般葬は故人と関わりのある人が多ければ多いほど向いているものです。
その分費用が掛かってしまうものの、天国に旅たつ故人を見送る意味も込めて、なるべく多くの人で行ってみるのもよいでしょう。

また故人が亡くなる前からどのような葬儀を求めていたか、というのも関係しています。
なるべくにぎやかに行ってほしい、と相談された場合には、一般葬を選ぶのがよいといえるでしょう。

葬議場を選ぶポイント

一般葬を行う際、葬議場を選ぶポイントとして挙げられるのが、搬送から法要までの流れについて、分かりやすく説明されるかどうかです。
喪主や遺族として葬儀に参列する場合、ほとんどの方は右も左も分からないでしょう。
そういったときに一つ一つ相談できるところを選ぶのがポイントといえます。

一般葬の中では、搬送・遺体安置の後、火葬手続き・納棺といった流れが一般的です。
このとき、お通夜や告別式の日程や費用、さらには火葬場での簡単な食事といったところまで、細かなミーティングをしておくのが大切でしょう。