家族葬について

都内中心に多い

家族葬とは、遺族や知人など少ない人数で行う葬儀を指します。
大々的に行う一般葬とは異なり、小さな御葬式というのが特徴です。
私が見ている中でも、近年ではよりこぢんまりとした葬儀を希望される方も少なくなく、都内を中心に選ばれるケースが増えています。

家族葬は親しい知人だけで行う葬儀のため、比較的安価な値段で行えるのが特徴です。
そのため、急に亡くなったときなど、予算に余裕がない時でも安心といえるでしょう。
母子家庭の方や身内が少ない人など、生活状況に合わせて利用できるのもポイントといえます。

葬儀自体はシンプルな内容となっているため、準備なども時間が掛かりません。
そのため、葬儀場選びをする際にも、明確な予算を決めやすいのもメリットとして挙げられます。
御正月や年末年始など、急なときであってもすぐに対応できるのも家族葬のポイントです。

家族葬の費用

家族葬の費用は、平均90万円前後だといわれています。
一般的な葬儀である一般葬に比べて、約100万円程度安く済むのが大きなポイントです。
故人を偲びたい、けれど経済的な面から費用を抑えたい、と言う場合に選んでみるとよいでしょう。

家族葬の費用には、お迎え時の寝台車やドライアイス、枕飾りや安置場での料金などが全て含まれています。
また納棺時のお棺、仏衣、布団はもちろん、火葬場での手続きなども行ってくれるのも特徴です。
そのため、急な御葬式となった場合でも全て任せて行えるケースが多いでしょう。

最近では価格競争により、これまでより費用を安く設定している葬儀場も少なくありません。
場合によっては、お迎えから火葬までの流れで50万円を切るケースもあります。
インターネットでは「家族葬 費用」で検索すると、より多くの情報が得られるため、時間ある時などに近くの葬儀社を検索してみるとよいでしょう。

実際の流れ

家族葬は以下の流れで行われます。
まず病院や自宅から安置場への移動を行い、その後納棺・お通夜となります。
お通夜は一般葬同様に、仏式・神式によって進み方が異なるため、あらかじめ親族とよく相談しておくとよいでしょう。

次に告別式です。
告別式に関しても、一般葬同様に弔辞・焼香などを行い、故人とのお別れを行います。
こちらのサイトでも詳しく説明されています。
>>葬儀のミカタ

最後は出棺と火葬です。
身内を中心に、火葬場で拾骨を行います。
場合によっては、その後繰り上げで初七日の法要を行うケースも少なくありません。

密葬との違い

家族葬という小さな規模で御葬式を行うため、密葬と勘違いされるケースもあります。
しかし、厳密にはどちらも全く違うものです。

密葬とは主に有名人や著名人といった方が亡くなった際、多くの参列者が殺到する恐れがある時に行われます。
本葬とは別に、お別れの会やパーティなどを行い、故人を偲ぶ流れです。
そのため、密葬という名前であっても、全体を見れば亡くなった人を華々しく見送るような格好だといえます。

それに対し家族葬は、一般葬をコンパクトにまとめたものです。
あくまで遺族や家族、親しい間からの人だけで行うため、飲食費などもあまりお金をかけないのがポイントといえます。