神式の葬儀について

神式の御通夜

神式の御通夜は仏式同様にお通夜を行います。
ただし、呼び名が少し異なり「通夜祭」という形式で行われるのが一般的です。
主に斎場か自宅のどちらかを選んで行われるため、参列する際には場所をしっかりと確認しておきましょう。

仏式のお通夜と大きく異なるのが、参列者に行ってもらう儀式です。
これは、手水の儀と呼ばれるもので、神社でお参りする時と同じく、身を清めてから参列します。
手水の儀は、手を洗う・口をすすぐ、という順序で行うため、他の参列者を見本としてみておくとよいでしょう。

御通夜の中では、祭詞奏上と玉串奉奠という儀式を続けて行います。
お焼香を行う時間が玉串奉奠となり、斎主・喪主・親族といった順番で行う流れです。
続けて行われるのが、遷霊祭と呼ばれるものとなります。
これは、亡くなった人の魂を霊璽と呼ばれる物に移す儀式です。

神式のお通夜を行うと、亡くなった人がその家の守護神になるといわれています。
そのため、このような手順で魂の移動を行うのが特徴です。

玉串奉奠での作法について

玉串奉奠では以下の作法が執り行われます。

・斎主から玉串を受け取る
このとき、右手は根元、左手は枝先といった形で持つのがポイントです。
・玉串を目の高さあたりまで持ち上げ、焼香のようにおしいただく
その際、玉串の根元が手元に来るよう調整しましょう。

・持ち手を換え、根元を祭壇に向くようにし、台へと戻す
このとき、神社でのお参り同様に二礼二拍手一礼を行いましょう。
・最後に遺族へ一礼をして、席へと戻る

神式の葬儀

神式の葬儀は葬場祭という形で行われます。
これは亡くなった人を神として祀るためです。
仏式とは異なり、死に対する穢れを清める意味があるとされています。

葬場祭は通夜祭同様に、祭詞奏上と玉串奉奠が行われるほか、修祓の儀という儀式が行われます。
その後、出棺祭、火葬祭、帰家祭と行った形で、全ての儀式に祭りという言葉がつけられているのが特徴です。

神式葬儀の注意点

神式の御葬式は。仏式と大きく異なる部分があります。
これまで仏式の御葬式しか参加したことがない方も、突然戸惑わないように気をつけましょう。

一般的な葬式に使用する数珠は、神式では不要です。
これは、亡くなった人を供養するのではなく、神として崇めるためだとされています。
そのため、ご冥福や成仏といった言葉も使用してはいけません。
参列者として参加する際、失礼のないようにしましょう。

また香典の書き方も少し違うが特徴です。
一般的に御霊前と書くところ、神式葬儀の場合には、御玉串料と書くケースがあります。
もちろん、無宗教であれば御霊前・御神前と書いても失礼にはあたらないので安心しましょう。
なお、水引はハスの花の入っていないタイプを選ぶことが大切です。