仕事の流れ

お仕事を請けないことには……

葬儀屋のお仕事について、皆さんはどのような印象を持っていますか?
人の死と向き合う、ということもあり、あまり良いイメージがない、という方も少なくないでしょう。
かく言う私も、皆さん同様にあまり良い印象はありませんでした。

しかし、実際に葬儀屋として働き始めると、そのイメージはガラリと変わりました。
その理由の一つが、「あまり特別な存在ではない」ということ。
お仕事を請けられないことには御給料も得ることが出来ず、すぐに倒産してしまいます。
ぱっと見は特別な存在に感じてしまいがちですが、葬儀屋でも小売店であっても、利用する人がいるからこそ成り立つのであって、それぞれ需要と供給のバランスが取れているのが現代社会なんだなと思います。

お通夜の手配について

葬儀屋のお仕事は、葬儀の依頼を受けた後、お通夜の手配へと進みます。
基本的には提携先の病院や警察などから連絡を受け、病院などに向かう形です。

故人との別れの整理が付いていない状態で、ご遺族とお金の話をするのもどうかとは思いますが、これもお仕事の一つ。
感情的にならず、淡々と且つご遺族のために出来る事を考えながらお通夜の手配を進めています。

葬儀での御仕事

お通夜の手配が終わったあと、葬儀の手配と準備などを行います。
私が働く葬儀屋はそれほど大きな規模ではないものの、それぞれ司会・会場準備と役割分担がしっかり決まっているため、急な葬儀であっても短時間で準備ができます。

ただ、複数の遺族と葬儀が重なった場合には、人数が足りなくなってしまうことも。
そんな時には、臨時アルバイトを雇用するなど、その場に応じて対応しています。

告別式での御仕事

葬儀と合わせて重要なのは告別式のお仕事です。
出棺まで見届けたあと、会場の後片付けを行います。
遺族が火葬場から戻るまでの間、と時間が限られているため、より早く動かなくてはいけません。

初七日の法要と合わせて行われる場合には、食事の用意や骨壷の用意などを行います。
まさに裏方として全てを担う形となりますが、場合によってはその後の喪中はがきなども相談にのったりします。
御葬式全体について、遺族の方に余計な心配をかけないような取り組み、というのがこのお仕事の特徴なのかもしれません。