葬儀屋のアルバイト事情について

葬儀屋でのアルバイトの内容は?

葬儀屋で仕事をする際には、式場や葬儀屋の状態によって、仕事内容が大きく変りますので、どんな仕事をしたいのかに合わせて、勤め先を選ぶようにしましょう。

例えば、一般葬などの参列者が多い式に関わる場合、交通警備等の仕事を行う事も少なくありません。
参列者がスムーズに会場に入ることが出来るよう、適切な誘導を行っていきます。

また、通夜や告別式で出される食事の用意、お片付け、お茶出しなどを行う事も多いでしょう。
一般葬の場合は特に、準備をする量が多いですので、こうした仕事にかり出されることも少なくありません。
更に、葬儀で使う生花祭壇などの用意や政策を行う、生花スタッフとして働く方も多いでしょう。
こちらはお花の経験がある方が採用されることが多いですが、有る程度未経験でも、センスが良い方であれば、任される方は少なくありません。

他にも、葬儀場やお寺に食事や葬祭用品をお届けする、配送係も行う事があります。
こちらは基本的に車の免許を持っている方が対象となり、採用される率も高いスタッフですので、事前に免許を取得しておくべきでしょう。

こうした1つ1つの仕事をこなして、有る程度経験を積んできたら、式場スタッフとして活躍するアルバイトも少なくありません。
葬儀会場の設営、葬儀進行の補助など、葬儀に関する有りとあらゆるサポートを行い、御遺族とのコミュニケーションも頻繁に行うようになります。
住職などの宗教者との連絡を取り合うことも多い為、熟練スタッフが取り組むことがほとんどでしょう。

責任重大な仕事です

人の最後を彩る、ご家族と故人の最後のお別れをサポートするのが、葬儀屋の勤めです。
その為、正社員、アルバイトに関係なく、失敗は許されない、とにかく、配慮と気配りが重要な仕事になります。

ですが、丁寧にお仕事をした分、御遺族から感謝をされることも多く、非常にやりがいのある仕事だと言えるでしょう。
もちろん、責任感や緊張感は伴いますが、御遺族と故人との最後の時間をサポートする事ができますので、非常にやりがいのあるお仕事になります。

仕事内容によっては、全く葬儀に関わり合いがない、葬儀以外の仕事担当になるというスタッフも多い点が特徴です。
式場スタッフになる前には、有る程度経験を積んで、色々な仕事を任されてから専任となる方がほとんどですので、気負いすぎることもありません。

式場スタッフとして働く際には、1つ1つの仕事を丁寧にこなしていき、経験と実績をつみあげていくようにしましょう。
その他の仕事がキチンと出来ないような人では、式場スタッフのお仕事は勤まらない可能性があります。
どんなスタッフであれ、御遺族のサポートをしていることに変わりはありません。