香典について

お香典は何故用意をするべきなのか?

葬儀の際に参列者が持参をする、お香典。
不祝儀袋に現金を入れて、受け付けて手渡すお香典ですが、ただお金を渡すことが目的で把握、故人を悼み、ご遺族に故人へのお悔やみの気持ちを伝える目的として、持参を行います。

その為、宗派によっても異なりますが、お渡しをする際には、お悔やみの気持ちを伝えたうえで、丁寧にお渡しするように心がけましょう。
また、香典の代わりにお供物や供花という形で気持ちを伝える場合もありますので、葬儀の形や宗派に合わせて、気持ちを用意することが大切です。

金額は故人との関係性や、本人の年齢によっても異なりますが、基本的に、親族間でも相場は3万円~5万円前後、友人や知人の場合は3千円から5千円前後となります。
関係性が強い場合や、故人と生前距離が近かった方の場合、年齢が上になればなるほど、香典として包むべき金額がアップしますので、事前に確認が大切です。

葬儀の種類や宗派によっては用意をしない場合もあります

葬儀の種類や故人の宗派によっては、お香典をお渡ししてはいけない、お断りをされる場合もありますので、事前に確認をしておきましょう。

例えば、本当に近しい物だけで行う家族葬の場合や、友人葬の場合など、香典そのものを辞退、お断りしていることが多くあります。
その場合は、お気持ちだからと無理をしてお渡しすると、香典返しなどの関係で、返ってご迷惑になってしまう可能性がありますので、十分注意が必要です。
香典をお断りするという場合は、事前に訃報通知などでその旨記載されていることが多いため、よく確認をしておきましょう。

ですが、基本的に香典を受けつけていないタイプの葬儀でも、香典を持参しても問題無いこともあります。
その為、香典を持参しないタイプの式にもかかわらず、当日参列してみたら、意外にも参列者のほとんどが香典を持参していたということも少なくありません。
当日に恥をかいてしまわないように、一応香典を持参しないタイプでも鞄に忍ばせておいて、当日の状況に合わせてお渡しするようにしましょう。

香典返しをお忘れ無く

香典を受け取られたご遺族の方は、香典のお礼、参列した方に対しての感謝の気持ちとして、香典返しを忘れないようにして下さい。
香典返しは、香典の金額や式の規模によっても異なりますが、基本的には、参列者全員に同じ品物をお渡しするようにしましょう。

ただし、場合によっては香典の金額が他の方に比べて飛び抜けて多い方が居ます。
その場合は後日別途、お礼品として別の品物をお送りしましょう。
こちらも金額によって異なりますが、基本的には、香典の金額の半額程度の品物を香典返しとしてお送りして下さい。