家族葬は参列願いがなければ出席できないの?

家族葬は原則、参列願いが無いときは参列をしない

近年多くのご家庭で選択されている葬儀の形が、家族葬です。
故人との最後の刻を、家族のみでゆっくりと過ごすことが出来る葬儀のタイプとして、ご遺族の負担も減らすことが出来ると、人気を集めています。

そんな家族葬ですが、基本的には参列願いが無い場合は、訃報が届いても参列をしてはいけません。
あくまで家族葬は、本当に近しい方のみで、密やかに行われるべき物ですので、一般葬と異なり、誰でも参列をしても良いという形式ではないのです。
訃報連絡が届いた際に、参列願いが届いて居ない場合は、葬儀に無理をして葬儀に参列をするような真似をしないように心がけましょう。

訃報連絡を受けた際に、参列願いなのか判断をしづらい場合もありますが、葬儀の日時や案内が記されている場合は、基本的に参列願いです。
葬儀の場所などが書かれてない、訃報連絡のみの場合は、参列願いとは異なりますので注意をしましょう。

後日お焼香などに伺うようにしましょう

家族葬の場合は、基本的に参列願いが届いた方のみ、葬儀に参列することが出来ます。
どんなに葬儀の日程をわかって居ても、参列願いが届いて居ないのであれば、当日突然訪れるような真似は、迷惑になりますのでNGです。

どうしてもご挨拶をしたいという場合は、葬儀の後、後日、お線香などを上げさせて貰えないか、別途連絡をするようにして下さい。
葬儀の直後などはご遺族に迷惑がかかる可能性がありますので、突然訪れるのではなく、必ず事前に、いつ頃なら都合が良いか確認をした上でお尋ねしましょう。

後日お伺いする際には、お香典をその時にお渡しする方も居ますが、基本的に家族葬でも香典は用意しませんので、無理して渡すことは避けて下さい。
あくまで気持ちとしてお渡ししたいということであれば、お返しはいりませんなど、事前にお伝えすることが大切です。

参列願いが来なくても文句を言わない

家族葬で参列者願いを出す範囲は、故人自身やご遺族の判断にゆだねられています。
その為、万が一参列願いがなくとも、文句を言うような真似は絶対にしてはいけません。
あくまでご遺族の意思、喪主側の判断にゆだね、呼んで頂けたら参列をするようなスタンスにしましょう。

訃報通知が来た際に、香典をお断りする旨、弔電をお断りする旨などが書かれている事も少なくありません。
気持ちを伝えたいのは分かりますが、喪主側の意思を無視してしまうと余計な負担となってしまう可能性がありますので、極力避けましょう。

このように家族葬は、基本的には親族のみ、参列願いがあった方のみを対象に、参列をするタイプのお葬式です。
色々な事情がありますので、喪主側の判断に従うようにしましょう。