終活の始め方について

終活で家族の負担を大きく減らす

近年多くの方が取り組まれている活動の1つが、終活です。
終わる活動と書いて終活ですが、その名の通り、自分の人生の終わりまでに何をするべきか、自分の人生が終わった後、何をして欲しいか等をまとめる活動になります。

こちらは取り組み方が人によって異なりますが、多くの場合、自分の死後のご家族の負担を減らし、スムーズに整理を行う事ができると言えるでしょう。
ご経験がある方も居ると思いますが、親族の死後は、色々とやるべきこと、やらなければいけないことが山積みですので、自身が亡くなる前に、やれることはやっておくことをおすすめします。

やり方などは特に決められている訳ではありませんが、例えば、このような方法で取り組まれている方が多いでしょう。

葬儀の準備やエンディングノート作成が主流

終活の際にまず取り組まれる方が多いのが、エンディングノートの作成です。
エンディングノートは、自分が死ぬ前にやっておきたいこと、自分の情報などを記載したノートのことを指します。
専用のエンディングノートが販売されていることも多く、記入項目に合わせて作成するという方も少なくありません。

例えば、遺書の作成、自分の貴重品の場所や口座情報のまとめ、訃報の通知をして欲しい相手の連絡先など、書くべきことは色々とあるでしょう。
また、葬儀会場や墓地の希望の場所や、これをやりたいなど、メモとして活用することも出来るでしょう。

エンディングノートは基本的に、自分が亡くなった後に遺族に見て貰う物ですので、ご家族が見やすいように、丁寧に記入をしておいて下さい。
字を書くのが得意ではないという場合、自筆ではなく、パソコンなどを使って打った物を、印刷して、まとめているという方も多いでしょう。

次に多いのが、葬儀の準備です。
近年では、ご本人の希望の式場や葬儀プランを選ぶことが出来るように、生前準備、生前予約をすることが出来る会場が少なくありません。
遺影写真を生前のうちに撮影しておく、式場を生前のうちに予約して置くという方も多く、御遺族の負担を大きく減らすことが出来るとして知られています。

ご準備をする際には、ご家族と一緒に行かれるという方も多く、事前に顔合わせをして置いた上で、万が一の際には対応をしてもらうという方が多いでしょう。
ご本人のみで準備をされる方ももちろん居ますが、ご本人のみで準備をした場合は、式場はどこなのか、支払いのレシートや、連絡先など、必要項目を全てメモして下さい。
この際、エンディングノートに情報をまとめておくと、情報の確認漏れを防ぐことが出来ますので、しっかりと記入しておくように心がけて下さい。

このように、自分の死後に御遺族が困らないように準備をする事が、終活では大切なポイントとなります。