香典の金額の相場について

香典の金額相場は、年齢や関係性によって大きく異なる

香典を用意する際には、故人とあなたとの関係性、あなたの年齢で、相場金額が全く異なります。
あまり安すぎても、高すぎても問題になりますので、出来るだけ相場の金額をチェックしてからお包みするようにして下さい。
また、自分と似たような立場の人に、いくら包めるか聞けるようであれば、事前に聞くようにしましょう。

例えば、故人との関係性が親族である場合。
祖父母が亡くなった場合は、20代で1万円、30代で1~3万円、40代以上で3万円以上が相場となります。
ご両親の場合は、20代3万円~10万円、30代5~10万円、40代以上になると、10万円~が相場となるでしょう。
ご兄弟や姉妹ですと、20代で3万~5万円、30代で5万円、40代以上で5万円以上となります。

このように、関係性が近ければ近いほど、用意するべき金額が異なりますので、故人との関係性を踏まえた上で香典を用意して下さい。
また、いとこや親戚などが亡くなった場合は、20代で3千円から1万円、30代で3千円から2万円、40代以上で3千円~3万円となりますので、参考にしてみて下さい。

友人や知人、職場の関係性の場合は?

故人との関係が、友人や知人など、直接身内ではなくとも、深く関わり合いがあるという場合。
友人ですと、20代で5千円、30代以上で5千円~1万円になります。
また、先生や恩師の場合は、20代で3千円~5千円、30代以上で3千円~1万円となりますので、関係性に合わせた金額、年齢に合わせた金額を用意しましょう。

更に職場の上司が亡くなられた場合は、20代で5千円、30代で5千円から1万、40代以上で一万円が相場です。
そして、同僚や後輩の場合は、20代で3千円~5千円、30代以上で3千円~1万円となりますので、故人との関係性に合わせて、こちらもお包みましょう。

故人と元々友人として親しい、プライベートでも関わり合いがあったという職場の方の場合は、その分多く包むと言う方もいるようです。
周囲の似たような環境の方に訪ねて見て、出来れば金額を合わせた方が、後々トラブルに繋がる可能性も少なくて済むでしょう。

香典はあくまで気持ちが大切です

お香典をお断りされる式の場合は、無理をして持参をしてお渡ししては、返って迷惑になります。
どうしても気持ちを伝えたいという場合は香典と言う形ではなく、供花などの物にしてお渡しするケースも少なくありません。

ただし、こちらはあくまでご遺族の判断、喪主の指示に従う必要が有ります。
一番は、ご遺族にご負担をお掛けしないことを優先するべきですので、十分注意をして用意するようにしましょう。