お布施はいくら包むのか

お布施はいくら包むのがベストなのか

お葬式の際に、僧侶など、宗教者を招いて式を執り行うことがほとんどです。
葬儀の場合は特に、宗派によっても異なりますが、宗教者が欠かせない存在と言えるでしょう。
お忙しいところ、故人の為に葬儀や法事を執り行ってくださった宗教者に対して、お布施という形で、お礼のお金をお渡しすることがマナーとなっています。
このお布施は、特に決められた金額がなく、お気持ちばかりということになりますので、一体いくらお渡しすればよいのか、悩んでしまうと言う方も少なくありません。

葬儀へ来て頂いた宗教者に対してのお布施の金額は、地域によっても大きく異なります。
例えば北海道の場合31万円、関東は50万~55万円、九州ですと34万円が相場とされており、全国平均、45万円が相場とされているでしょう。
地域によって格差が激しいですので、有る程度事前に確認をしておくことが大切です。
お布施の代金は宗教者ご本人が応える事が基本できませんので、葬儀社の方などに問い合わせをするようにしましょう。

またこのお布施の平均代金は、お車代、戒名料、読経量、御膳料が含まれています。
通夜から告別式、火葬に至るまで、全ての内容が含んだ金額になりますので、別途費用がかかると言うことは無いでしょう。

法事の際には4~6万円が相場

また葬儀の際にはこれだけの金額が相場となりますが、四十九日法要など、別途法事を執り行って頂く際には、一度に4~6万円のお布施が相場となるでしょう。
こちらにも、読経料、お車代、御膳料等が含まれていますので、参考にしてみて下さい。

また、四十九日法要にあわせて、開眼供養など、別の法要を行う場合は、別途3万円ほど包むことが多いでしょう。
こちらも地域によって相場の金額が異なりますので、事前に聞いてしまうというのも1つの手となります。
追加の法要が増える度に、お布施の相場も異なってきますので、やはり、お近くの葬儀社などに確認を取ることが大切です。

戒名の際にもお布施を忘れずに

葬儀の際に戒名が授与されなかった場合は、別途四十九日法要までに、戒名を授与して頂く必要があります。

戒名のランクによってお金は全く異なり、相場は15万円から100万円と、非常に差があるでしょう。
ですが、高く無いといけないという訳でもありませんので、こちらもそれぞれの宗派に合わせて、お布施代金をお支払いすることが大切です。

このように、お布施と名の付くお礼の料金は、様々な場面で、様々な形でお渡しする必要が有ります。
基本的には僧侶とのご挨拶の際に、事前にお渡しすることが多い為、お忘れ無いようにご持参をして下さい。
金額に悩んだら、都度葬儀社に問い合わせをしてみましょう。